西武おかわり、また満塁で快打 右中間へ一掃打「ランナーの皆さんありがとう」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―2オリックス ( 2019年9月5日    ほっと神戸 )

4回2死満塁、走者一掃の二塁打を放つ中村(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 まさに「満塁のマエストロ」だ。またも西武・中村がおいしい場面で快打を放った。連続押し出し四球で2点を勝ち越した4回、なおも2死満塁。打球は右中間を深々と破った。走者一掃の二塁打に、天下の満塁男は「走者を還せて良かった。ランナーの皆さん、ありがとう。(一塁走者の森)友哉、ナイスラン!」と喜んだ。

 今季は満塁機で31打数16安打の打率・516、45打点の荒稼ぎ。シーズン111打点とし、並んでいた同僚の山川に2差をつけて単独トップに立った。「トップ?そうだね。ここまで来ているのでチームが勝てるようになればいい」。残りは17試合。「疲れは全然大丈夫」と4番打者は最後の直線を見据える。

 2回には外崎が2試合連発の先制24号ソロを放つなど、2戦連続の先発全員安打。獅子おどし打線の勢いは止まりそうにない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース