U18侍 佐々木が世界デビュー!韓国戦での先発発表

[ 2019年9月6日 16:33 ]

第29回WBSC U18W杯 スーパーラウンド第1戦   日本5―1カナダ ( 2019年9月5日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

韓国戦の先発に向けキャッチボールする佐々木(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」は6日、韓国との試合を迎える高校日本代表のスタメンが公表、大船渡の佐々木朗希投手(3年)の先発登板が発表された。

 佐々木は8月26日の大学日本代表との壮行試合に先発し、右手中指にできたまめの影響を考慮され、1次ラウンドは登板を回避。2勝1敗で1敗でもすれば決勝進出に黄信号がともる一戦で、満を持して世界デビューを果たす。

 対戦する韓国は昨年のアジア選手権で敗れているだけに、佐々木は「去年負けているので、決勝に一歩でも近づきたい」と意気込んでいた。
 
 日本代表のオーダーは以下のとおり。

【先攻・高校日本代表】
1番・中堅 森敬斗 
2番・遊撃 武岡龍世 
3番・一塁 韮沢雄也 
4番・三塁 石川昂弥 
5番・右翼 西純也 
6番・左翼 宮城大弥 
7番・DH 遠藤成 
8番・捕手 水上桂  
9番・二塁 坂下翔馬 
先発投手 佐々木朗希 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース