ロッテ売り子ペナントレース ななさんが決勝Rで首位発進 6連戦で声も枯れ…

[ 2019年9月6日 14:51 ]

ロッテの売り子ペナントレース決勝Rで首位発進したななさん
Photo By 提供写真

 ロッテは9月1日から行っている「2019年売り子ペナントレース 決勝ラウンド」4試合を終えた途中経過を発表した。8月王者のななさんが、2年目のハンデを生かし、首位発進。大本命と目された今井さやかさんは3位と出遅れた。

 1位=ななさん 1551杯(アサヒビール、2年目のため売り上げ杯数×140%計算)

 2位=りかさん 1420杯(サッポロビール、3年目のため売り上げ杯数×130%で計算)

 3位=今井さやかさん 1318杯(アサヒビール、12年目のためハンデなし)

 4位=近藤晃弘さん 1306杯(コカ・コーラ、ソフトドリンクのため売り上げ杯数×200%で計算)

 5位=あやかさん 1243杯(キリンビール、2年目のため売り上げ杯数×140%で計算)。

 売り子ペナントレースに参加した売り子総勢146名のうち決勝ラウンドへ進出した各月の1位5人で争われている。9月の決勝ラウンドで1位を獲得した売り子には「ハワイアン航空 成田―ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされる。

 ななさんは「途中経過が1位ということで正直驚いています。決勝ラウンドでも、私は広く視野を持ち、誰よりもたくさん歩いて球場を回るという意識を持って取り組んだことが、このような結果につながったかと思います。6連戦が終わり声が枯れてしまいましたが、次の試合までに体調を万全にして望みたいです。今シーズンも残り5試合となり寂しい気持ちでいっぱいですが、ZOZOマリンにご来場頂いた皆さまとの時間を大切にしつつ、最後までとびきりの笑顔で頑張ります!優勝争いをしているマリーンズに勇気をもらっています!目指せ←マウエ←」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース