阪神・青柳7勝目 今季初安打は“幻”に「足が遅かったです…」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9―2DeNA ( 2019年9月5日    横浜 )

6回無死、青柳は右ゴロに倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 投打で奮闘した青柳が笑顔を浮かべて振り返ったのは、マウンドではなく6回の打席だった。

 「ちょっと恥ずかしかったです…。(打球を)見た瞬間、投げると思って全力で走りましたけど、足が遅かったです…」

 先頭で武藤のスライダーを右前にはじき返しながら、素早く処理した梶谷の一塁送球でまさかのライトゴロに打ち取られた。待望の今季初安打は幻に終わり、「(打撃コーチの)浜中さんにも“そろそろ打て”と言われてたんですけど。頑張った結果です」とすがすがしく振り返った。

 そんな一幕が笑い話になったのは、マウンドでの力投があったからだ。3回にもらった6点の大量援護に背中を押されて4回まで2安打に封じ込め、流れを呼び込んだ。6回2死で降りるまで2失点。「もっと長いイニングを投げないといけなかった」と先発投手の責任感が口をついた一方、矢野監督は「ヤギがリズムを作ってくれた」と前夜の敗戦を払拭(ふっしょく)した立役者として称えた。

 先発した3日は落雷の影響で中止となり、わずか10球で“降板”。中1日の変則日程にも「気にならなかった。すぐにチャンスをくれたことがうれしかった」と首脳陣の信頼に結果で応えた。「みんなが打ってくれて、勝たせてもらったので」。自らもプロ初犠飛で3回の猛攻に加わり、7勝は並んでいた西を上回る猛虎の勝ち頭。4年目で初の2桁勝利にも可能性をつないだ。 (遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース