巨人、暗雲5連敗 桜井好投も継投誤算 原監督「切り替えること」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―3中日 ( 2019年9月5日    東京D )

勝利を喜ぶ中日ナインを尻目に肩を落としてベンチに戻る陽岱鋼(左)と坂本勇(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は泰然自若とし、口調は柔らかかった。同一カード3連敗を喫し、今季2度目の5連敗。打開策を「切り替えること」と2度言った。

 「中川がストライクを取ることに一生懸命ではなかなか抑えられない」と振り返ったのが8回。7回に代打攻勢が的中し、右腕・山本から右のゲレーロが先制ソロ、田中俊が二塁打して2点目の生還した直後だった。

 2番手の左腕・中川が制球が定まらない。2死三塁から大島の顔付近を通過する抜け球もあった。四球でピンチを広げ、代打・石垣に適時二塁打を許して降板し「打たれているということはどこか駄目なところがある」。なお二、三塁でマシソンが送られる。次打者は試合前時点で今季巨人戦打率・327、6本塁打、17打点の天敵・福田。前日まで2試合連続本塁打を許していた。だが、初球のスライダーを「浮かせて甘いところに入ってしまった。失投」とマシソン。左中間2点二塁打で逆転を許した。

 エースの菅野が腰痛で出場選手登録を抹消され、桜井は「自分のできることをしっかりやる意識で投げた」と7回を1安打無失点と好投した。しかし、勝ちきれなかった。残り18試合。田口の調子が良いことから、宮本投手総合コーチは中川について「(セットアッパーの役割を)変えたくはないけど、いい投手から投入したい」と配置転換を示唆した。

 2位・DeNAも敗れ、2・5ゲーム差を保ったことが救い。5年ぶりV奪還へ原監督は「みんなで戦っている状況の中でこういうときもある」と言った。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース