広島・堂林 4カ月ぶり1軍登録、即「7番・一塁」で先発 5カ月ぶりスタメンで救世主になれるか

[ 2019年9月6日 17:45 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年9月6日    マツダ )

広島の堂林翔太内野手
Photo By スポニチ

 広島の堂林翔太内野手(28)が6日に出場選手登録され、同日の阪神戦(マツダ)で即スタメンに名を連ねた。先発メンバーが発表され、堂林は「7番・一塁」に入った。

 堂林の先発出場は今年4月6日の阪神戦(マツダ)で「8番・三塁」に入って以来5カ月ぶり。出場選手登録も5月16日に抹消されて以来4カ月ぶりとなった。

 セ・リーグ3連覇中の広島だが、すでに自力Vの可能性は消滅。現在、首位・巨人とは5・5ゲーム差、2位・DeNAとは3ゲーム差の3位で、4位・阪神にも2・5ゲーム差に迫られており、この日から始まる阪神との3連戦の結果しだいではBクラスに転落する可能性もあるだけに、ファンから絶大な人気を誇る堂林の活躍に期待がかかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース