ソフトB・甲斐、ともに育成出身、ノーノー達成した千賀を祝福「朝から千賀のために勝ちたいと思っていた」

[ 2019年9月6日 21:26 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2019年9月6日    ヤフオクD )

お立ち台でポーズを取る甲斐(左)千賀(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(26)が6日のロッテ戦(ヤフオクD)で自身初のノーヒットノーランを達成。チームは5連勝を飾った。

 千賀のノーヒットノーラン達成に女房役の甲斐は「最高に嬉しいですね」と開口一番に語った。ともに育成出身のバッテリー。

 千賀はここ3試合、黒星で迎えていたこともあり、甲斐は「千賀もここ数試合苦しんでいて、良いピッチングをしていても苦しい表情も見てきました。キャッチャーとしては考えるものもありましたし、責任も感じていて何とかしてやりたいという気持ちでいっぱいでした。なので朝から千賀のために何とか勝ちたいと思っていました」と試合前の心境を明かし、この日の朝には千賀に「今日お前のために頑張る」というLINEを送った。

 9回に先頭から2四球を与えたものの、後続を断ち最後は2死一、三塁から井上を最後はフォークで空振り三振に仕留めて記録達成となった。「千賀とも話して、お互いチームが勝つために選択した結果でした。千賀からも『もちろん!』と強い言葉が返ってきたので、頼もしく感じます」と千賀を称えた。

 5回には1死二、三塁から先制となる中前適時打を放ち「チャンスで回ってきたので、何とか先制点を取りたいと思っていました」と振り返り、「残りのシーズンもしっかり戦ってチーム全員で勝てるように戦っていくので、応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース