U18侍、韓国に痛恨逆転サヨナラ負け 佐々木が初回緊急降板…救援陣奮闘もタイブレークで力尽く

[ 2019年9月6日 20:30 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ スーパーラウンド   日本4―5韓国 ( 2019年9月6日    ドリームボールパーク )

初回、右手を永田監督(左)に見せる佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18ワールドカップ」は6日、高校日本代表がスーパーラウンド第2戦で韓国代表と対戦し、初回限りで163キロ右腕の佐々木(大船渡)が緊急降板するアクシデント。急きょマウンドに上がった2番手の西(創志学園)らが奮闘を見せたが、終盤に追いつかれて最後はタイブレークの末に敗れた。

 初回に佐々木が右手を気にするそぶりを見せ、この回限りで緊急降板するアクシデント。5番・右翼で先発出場していた西が2回から急きょマウンドに上がった。西は最速150キロの直球をコーナーに投げ分け、韓国打線を5回まで無失点。6回は飯塚(習志野)が三者凡退に抑えた。

 打線は韓国先発のソ・ヒョンジュンに苦戦し、6回まで3安打で無得点。それでも7回に2死一、二塁の好機をつくり、代打・熊田(東邦)が一、二塁間を破る先制適時打を放って先制。熊田の一打で均衡を破ると、水上(明石商)も中前に落ちる執念の適時打で続き2―0とした。

 7回まで無失点リレーを続けていた日本だが、8回に宮城(興南)が1死二、三塁のピンチ。4番のチャン・ジェヨンから空振り三振を奪ったが、続くナム・ジミンの打ち取った打球を三塁手の石川(東邦)が一塁へ痛恨の悪送球。ピンチを切り抜けたかに思われたが、2―2の同点に追いつかれた。

 試合は延長タイブレークに突入し、延長10回1死二、三塁から武岡(八戸学院光星)が右越えに2点適時打を放ってリード。しかし裏の守備で左腕の林(近江)が無死一、二塁から犠打を一塁へ悪送球して1点差に。さらに池田(智弁和歌山)が押し出し四球と犠飛を許し、痛恨の逆転サヨナラ負けを喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース