ロッテ3位浮上のチャンスで…井口監督、完敗認める「則本にやられた」

[ 2019年8月21日 21:37 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3楽天 ( 2019年8月21日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>7回2死一、二塁、井上は左前タイムリー(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ打線は4回まで則本昂の前に無安打と沈黙。5安打1得点で敗れた井口監督は「則本にやられた感じ」と相手の先発投手を攻略できなかった打線に首を捻った。

 7回に井上の左前打で清田が生還。1点差まで詰め寄ったが、その後は相手継投の前に得点を奪えなかった。

 勝てば92日ぶり3位浮上のチャンスだったが、指揮官は「いい投手なので点が取れないのは分かっている。工夫して、何とか塁に出てということができなかった」と、完敗を認めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース