阪神・秋山5回1失点で降板 矢野監督、逃げ切りへ早め継投

[ 2019年8月21日 19:53 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年8月21日    京セラD )

<神・D>汗を飛ばして力投する秋山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 クライマックス・シリーズ逆転進出を狙う阪神が早めの継投に入った。5回1死無走者で打席が回った秋山に代打・梅野を投入。右腕は5回7安打1失点、81球での降板となった。

 2―0の5回に大和、上茶谷の連打と伊藤裕の左犠飛で失点。DeNA打線に捕まりかけていたとはいえ、思い切ったさい配。質、量ともに充実しているブルペン陣で逃げ切りを図る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース