JFE東日本・落合監督、視線は夏秋連覇「チャレンジャーの気持ちで」 都市対抗初V祝賀会

[ 2019年8月21日 20:58 ]

優勝祝賀会で鏡開きを行うJFE東日本の落合成紀監督(中央)ら
Photo By スポニチ

 7月の第90回都市対抗野球大会(スポニチ後援)で初優勝を飾ったJFE東日本の祝賀会が21日、千葉市内のホテルに約700人を集めて行われた。

 打っては3度の逆転サヨナラ劇、投げては須田幸太投手(33)が全5戦登板の4勝で橋戸賞というミラクル初優勝から約1カ月。来賓の熊谷俊人・千葉市長は「毎試合、神がかりな内容で市民に大きな感動を届けていただき感謝したい」と祝辞を述べた。

 落合成紀監督(37)は「秋の日本選手権、そして来年の都市対抗に向けてしっかり準備したい。追われる立場かもしれないがチャレンジャーの気持ちで頑張りたい」と夏秋連覇、さらには2年連続の黒獅子旗獲りを静かに見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース