【21日のファーム情報】阪神・メッセンジャー、実戦復帰で3回2安打2失点

[ 2019年8月21日 18:53 ]

<ウエスタン 神・ソ>3回2失点の力投を見せた阪神・メッセンジャー (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは21日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。

 広島はオリックス戦(オセアンBS舞洲)に3―0で完封勝利。先発・薮田が6回6安打無失点の好投で6勝目(6敗1セーブ)を挙げた。長野は3打数1安打。オリックス先発の育成選手・東は4回4安打2失点で5敗目(4勝)。

 阪神はソフトバンク戦(鳴尾浜)に9―5。先発・メッセンジャーは3回2安打2失点で、2番手・岩田が4回4安打2失点(自責1)で2勝目。森越が4安打3打点と活躍した。ソフトバンクは釜元が3回の1号2ランなど2安打3打点、美間が7回に3号ソロを放った。先発・二保が4回1/3を5安打3失点で2敗目(2勝2セーブ)。

 ヤクルトはDeNA戦(戸田)に8―3。先発・寺原が2回4安打1失点で、2番手の育成選手・ジュリアスが5回1安打2失点で2勝目(1敗)を挙げた。2回に塩見が14号2ラン。DeNAはドラフト5位・益子が7回の1号2ランなど2安打。先発の育成選手・宮城が6回6安打6失点(自責3)で4敗目(1勝)を喫した。

 楽天は西武戦(森林どり泉)に5―4。先発・藤平が6回5安打2失点8奪三振で6勝目(2敗)。西巻が3安打1打点をマークした。西武先発・相内は5回2/3を8安打5失点(自責3)で5敗目(6勝)。鈴木が4安打、ドラフト3位・山野辺が3安打だった。

 日本ハムはナイターの巨人戦(東京ドーム)に5―4。高浜が5回に同点の3号ソロ、育成選手の海老原が8回の決勝8号ソロなど3安打を放った。先発・斎藤は2回7安打4失点。巨人は湯浅が初回の2号ソロなど3安打。実戦復帰した岩隈は4番手で登板して1回無安打無失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース