中京学院大中京、粘り不発 藤田主将は奥川に脱帽「今まで対戦した投手でナンバーワン」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 準決勝   中京学院大中京0―9星稜 ( 2019年8月20日    甲子園 )

敗れた中京学院大中京ナイン (撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 初の決勝進出を目指した中京学院大中京だったが、わずか2安打に抑えられての零敗。立ちはだかった星稜・奥川の壁は想像以上の高さだった。

 初回、先頭高畠が中前打を放った以降は手も足も出なかった。7回2死から藤田が右前打を放つまで20人連続アウト。「見逃し三振はOKだから、変化球を捨てて真っすぐを狙う」という対策を練ったが、ドラフト1位候補右腕は、その上をいった。

 喫した10三振のうち、決め球の変化球を空振りしたのは半分の5つ。U18日本代表1次候補合宿で奥川と同僚だった主将の藤田は「実際にスライダーを使う場面と分かっていても手が出た。今まで対戦した投手でもナンバーワン」と舌を巻き、橋本哲也監督(55)は「あれだけのスピードとキレがあったら高校生では対応は難しい」と脱帽した。

 岐阜県勢63年ぶりの決勝進出はならなかったが、指揮官は「選手たちは全ての力を出し切ってくれました」と胸を張った。3試合連続で7回以降に逆転勝ち。それも優勝経験校である東海大相模、作新学院を破っての同校史上最高のベスト4進出を果たした価値は色あせない。強烈な印象をファンに残し、堂々と聖地を去った。 (阪井 日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース