楽天・ウィーラー、打撃不振で今季初の2軍降格 代役はフェルナンド

[ 2019年8月21日 18:19 ]

楽天のウィーラー
Photo By スポニチ

 楽天のゼラス・ウィーラー内野手(32)が21日、打撃不振を理由に出場選手登録を抹消された。今季は107試合で打率・239、17本塁打、63打点という成績だったが、月別の打率は、6月から3カ月連続で1割台だった。

 平石監督は「状態が良くない時期が続いていた。何とか状態が良くなればと思ってだいぶ引っ張った。何とか状態を上げてもらって、また戻ってきてほしい」と説明した。

 代役として、7月末に支配下登録されたルシアノ・フェルナンド外野手(27)が1軍に合流した。白鴎大から14年のドラフト4位で楽天入り。昨季限りで戦力外となり、育成選手として再契約を結んだ。パンチ力のある打撃が武器で、指揮官は「支配下を勝ち取ったわけですから、2軍でやってきたことを出してくれればいい」と期待を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース