オリックス・安達、3安打4打点の大活躍!6回の同点打「初球を狙ってました」

[ 2019年8月21日 21:54 ]

パ・リーグ   オリックス14―4ソフトバンク ( 2019年8月21日    ヤフオクD )

6回2死二、三塁、左中間2点適時二塁打を放つ安達(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスが17安打14得点で大勝し、5連勝を飾った。

 4打数3安打4打点の大活躍を見せた安達は、第1打席の中前適時打について「何とか後ろに繋ぐつもりで打席に入りました」と話し、6回の同点となる左中間への適時二塁打には「初球を狙ってました」と振り返った。

 2回には、二盗を成功させてプロ通算100盗塁を達成したが「まだまだですね。もっと盗塁をしていきたいです」と笑顔で話した。

 チームは5連勝を飾ったが「Aクラスを目指して、まだ勝たないといけないので頑張ります」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース