巨人・亀井“イチ級”好守で救う「相棒が良かった」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―1中日 ( 2019年8月20日    ナゴヤD )

6回2死一、二塁、加藤の打球を好捕する亀井(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人・亀井がビッグプレーでチームを救った。1点リードの6回2死一、二塁から、加藤の打球を背走しながらフェンス際でキャッチ。抜けていれば逆転の可能性もあっただけに「相棒(グラブ)が良かった。守備で貢献できて良かった」。

 原監督も「イチローでも後ろに行かせていたかも。イチローは捕ったかな?」とレジェンドになぞらえて称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース