東16丁目フリッパーズ 完封勝利でベスト8 吉村―半田が完封リレー

[ 2019年8月21日 12:39 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント   東16丁目フリッパーズ(北海道南)1―0北名古屋ドリームス(愛知) ( 2019年8月21日    神宮 )

6回からリリーフ登板し、チームを勝利に導いた半田悠
Photo By スポニチ

 2年ぶりの優勝を目指す東16丁目フリッパーズが、1―0の完封勝利でベスト8に進出した。

 70球の球数制限がある中、先発・吉村が5回まで1安打無失点。6回に先頭・平田庸に中前打を許したところで、2番手・半田にスイッチした。

 半田は後続を断って、5回に併殺打の間に奪った1点を2人のリレーで守り切った。

 「2回の(1死一、三塁の)ピンチをしのげたのが良かった。自分は緩急、緩いボールに自信がある。今日の投球は80点」と吉村。ピンチでマウンドに上がった半田は「いつも通り、大きく腕を振ることを意識した」と笑顔で振り返った。

 連覇を狙った昨年は初戦で敗退。笹谷武志監督は「いい試合でした。2人も素晴らしい投球をしてくれた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース