ソフトB柳田4カ月半ぶり1軍復帰へ 77スイングで25発「残り29試合頑張りたい」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

1軍に合流しフリー打撃をする柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武が20日、日本ハムに勝ったことにより、ソフトバンクの優勝マジックナンバー点灯は21日以降に持ち越しとなった。ホークスはこの日、試合がなかっただけに、悲観する理由はない。むしろ、点灯役にふさわしい男が、いよいよ帰ってくる期待感の方が大きい。

 左膝裏肉離れで2軍調整していた柳田が、21日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で1軍復帰することが決定的になった。この日はヤフオクドームでフリー打撃を行い、頼もしい姿を指揮官の前で披露した。

 2度の3連発を含む77スイング中、なんと25本の柵越え。もう何の心配もない。最初の方はファウルが続き、11球目は右すね付近に自打球を当てて絶叫。一瞬ヒヤリとしたがレガースを装着して再開すると、快音を連発した。

 「残り29試合、頑張りたい。みんな疲れてると思うので、良い結果を出せるようにしたい」

 21日に守備練習などを最終確認する。工藤監督は「(決定は)明日」と明言を避けたが、「打つ方はフルスイングしていたし、良いんじゃないですか。振れるというのは大事だし、しっかり振れていた」とうなずいた。

 出場すれば4月7日のロッテ戦以来、約4カ月半ぶり。この日のM点灯は持ち越しとなったが、今日勝って西武が負けか引き分け、あるいはソフトバンクが引き分けて西武が敗れた場合、鷹軍団にM23が点灯する。満を持して主砲が本拠地でマジックをともす。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月21日のニュース