阪神・高山が先制2号ソロ あの劇的満塁弾以来3カ月ぶり一発

[ 2019年8月21日 18:56 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年8月21日    京セラD )

<神・D>3回無死、高山は右越えに先制ソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が高山の久々の一発で先制した。0―0で迎えた3回先頭の第1打席。DeNA・上茶谷の2球目を思い切り振り抜くと、打球は理想的な角度で上がりバックスクリーン右へ飛び込んだ。

 「打ったのはストレート。先頭打者だったので、何とか塁に出ようと心掛けた結果がホームランになってくれて良かったです」

 これが5月29日の巨人戦の延長12回に放った劇的な「代打サヨナラ満塁本塁打」以来、約3カ月ぶりの2号。8―0で完勝した前夜に続き、阪神が主導権を握った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース