ヤクルト・山田哲が32連続盗塁成功の日本記録樹立 ソフトB・福田の記録に並ぶ

[ 2019年8月21日 18:15 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2019年8月21日    マツダ )

<広・ヤ>1回2死一塁、バレンティンの時に山田は二塁盗塁を決め、32連続盗塁成功の日本記録に並ぶ=野手・菊池涼(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が21日の広島戦(マツダ)の初回に今季27個目となる二盗を成功させ、福田秀平(ソフトバンク)が2011年から2015年にかけて記録した32連続盗塁成功の日本記録に並んだ。

 山田哲は「3番・二塁」で先発出場。0―0で迎えた初回2死、広島の先発右腕・野村が投じたフルカウントからの6球目、二塁ゴロを菊池涼が失策して出塁すると、打者・バレンティンの初球にスタートを切って、二塁を陥れた。判定はいったんアウトとされたが攻撃側のリクエストによるリプレー検証の末、セーフに覆った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース