日本ハム、ドラフト候補を75人前後に 佐々木競合時のくじは栗山監督以外

[ 2019年8月21日 05:30 ]

 日本ハムのスカウト会議が20日、東京都内で行われ、今秋のドラフト指名候補を75人前後に絞った。高校生が4割、大学・社会人が6割で、北海道内の3選手を含む。大渕隆スカウト部長は「高校生は今日のリストから指名する方針。大学生は(秋季)リーグ戦を見てから絞る」と語った。

 1位指名を公言している大船渡・佐々木らが出場するU18のW杯には遠藤良平GM補佐、大渕部長ら4人を派遣予定。ドラフトで佐々木が競合した場合の抽選役について、吉村浩GMは過去5連敗中の栗山監督以外から選ぶ方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース