西武ニール7勝目 自身6連勝「ゴロを打たせて取る投球ができた」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―2日本ハム ( 2019年8月20日    メットライフD )

7勝目を挙げたニール (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・ニールが6回1失点で7勝目を挙げた。初回先頭の西川にソロを浴びて先制点を許したが、その後は安定した投球で無失点に抑え、攻撃に流れを生んだ。

 「自分のスタイルであるゴロを打たせて取る投球ができたことは良かったし、守備にも助けられた」とニール。6月20日に2勝目を挙げて以降、自身6連勝。辻監督は「本塁打は浴びたけど、いつも通り球自体は良かった。一番安定している投手」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース