阪神・大山、今季3度目途中交代 矢野監督「内容良くなかった」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―0DeNA ( 2019年8月20日    京セラD )

5回2死一、二塁、途中交代となりベンチに下がる大山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 快勝の中で、阪神・大山が5月8日ヤクルト戦以来、今季3度目の途中交代を告げられた。6回2死一、二塁で岩崎が救援すると同時に三塁守備を北條と代わってベンチに下がった。

 直前の5回2死一、二塁から見逃せばボールであろう外角のスライダーに空振り三振。初回2死二、三塁の先制機でも空振り三振に倒れるなど3打数無安打と精彩を欠いていた。試合後に矢野監督が「(打撃の)内容も良くなかったのもあるし、スグル(岩崎)も次の回もいく予定というか、可能性もあったところやから。そういう意味で代えました」と交代の理由を明かした。

 前カードの巨人3連戦でも11打数1安打に終わるなど、いい時の姿が影を潜めるようになった。試合後も打撃練習を敢行するなど、再上昇へのきっかけをつかもうと必死だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月21日のニュース