【東東京】都葛飾商2年連続初戦突破 神薗がVスクイズ

[ 2019年7月9日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会2回戦   都葛飾商4―1筑波大付 ( 2019年7月8日    神宮第2 )

<葛飾商・筑波大府>6回、勝ち越しスクイズを決めた神薗(撮影・石曽根 和花)
Photo By スポニチ

 都葛飾商(東東京)は同点の6回1死一、三塁から6番・神薗のスクイズで決勝点を奪い、2年連続で初戦を突破した。

 山田康平監督は「1点を取りに行くことを徹底していた。4番であろうと3番であろうと、スクイズもあるよという話はしていた」と納得の表情。8回にはダメ押しの適時打も放った神薗は「あの時はスクイズだと思っていた。決めるしかないと思った」と胸を張った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース