巨人、阪神に連勝!増田大が連日のVホーム、1点差守り首位固め 阪神はガルシア好投も援護なく零敗

[ 2019年7月9日 21:04 ]

セ・リーグ   巨人1―0阪神 ( 2019年7月9日    甲子園 )

8回1死三塁、中島の遊ゴロの間に三塁から生還した増田大はナインとハイタッチをかわす(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 首位の巨人は9日、2位阪神に1―0で競り勝ち、セ・リーグ首位攻防戦を2連勝。前日今季最大の7・5としたゲーム差をさらに広げ、8・5差に突き放した。

 7回まで互いに0行進。均衡を破ったのはビヤヌエバだった。8回、この回先頭のビヤヌエバがここまで3安打に封じられていた阪神先発・ガルシアから右越え二塁打を放ち、チャンスを演出。前日好走塁を見せた俊足の増田大を代走に起用し、8番・小林の犠打で1死三塁と好機を広げた。9番桜井の打席で代打に中島を起用し、初球を遊前に転がした間に三走の増田大が生還。貴重な1点をもぎ取った。

 9回にも2番・坂本勇、3番・丸が連続四球で出塁。岡本の犠打で1死二、三塁の絶好機を迎えた。だが三走の坂本勇がけん制死、代打・亀井が中前打を放つも三塁を蹴った丸が本塁でアウト。追加点はならなかったが、9回に阪神打線を封じ、1点のリードを守り抜いた。

 投げては先発の桜井が7回5安打無失点の好投。3回には坂本、ガルシアに連続安打を許し無死一、二塁のピンチを招いたが、続く近本、糸原を空振り三振に仕留めた。6回にも2死満塁のピンチを背負いながらも5番・マルテを遊ゴロに打ち取り、6奪三振の好投で得点を許さなかった。桜井は前回3日の登板では3回3失点で降板していたが、見事にリベンジを果たし、6月13日以来の4勝目を手にした。

 阪神は先発のガルシアが8回4安打1失点の好投も、打線の援護がなく6月2日広島戦以来約1カ月ぶりの白星はならなかった。ガルシアはマルチ安打と打でも貢献したが、後続が倒れ得点ならず。打線は相手を上回る7安打もつながりを欠き、好投の助っ人を見殺しにした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース