DeNA 2軍で好調の飛雄馬、関根が1軍昇格 桑原は抹消、ラミレス監督「残念ながら…」

[ 2019年7月9日 18:36 ]

 DeNAは9日、飛雄馬内野手、関根大気外野手を出場選手登録した。代わって、飯塚悟史投手、戸柱恭孝捕手、桑原将志外野手が1軍登録を外れた。

 関根は現在、イースタン・リーグトップの打率・313。今季初昇格となった飛雄馬は、同リーグで打率・272、3本塁打、18打点。ラミレス監督は「関根は外野の全ポジションを守れる。試合の途中から使うことになると思うが、いろいろなことができる。飛雄馬は状態が良いので見てみたかった」と説明した。

 また前日8日まで3戦連続スタメンも9打数無安打と結果が残せなかった桑原については「残念ながら抹消した。下で試合に出て状態を上げてもらえれば」。今季は53試合に出場して打率・169に止まっている背番号1の復調を願った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース