ロッテ・清田、満塁弾で今季初登板の佐々木を援護「楽に投げさせてあげたいと」

[ 2019年7月9日 20:08 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2019年7月9日    ZOZOマリン )

<ロ・日>3回無死満塁、清田はグランドスラムを放ちナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテ・清田が、右肘の手術を経て642日ぶりの1軍マウンドに立った先発の佐々木をグランドスラムで援護した。

 1―0の3回無死満塁の場面で、中村の134キロ直球を左翼席まで運んだ。

 5月25日のソフトバンク戦以来となる6号。清田は「今日は(佐々木)千隼が今季初登板で、楽に投げさせてあげたいと思っていた」と、満面に笑みを浮かべた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース