【長野】東海大諏訪 初戦快勝 横田、5回無失点「球の伸びだけで抑えた」

[ 2019年7月9日 13:43 ]

第101回全国高校野球選手権長野大会 2回戦   東海大諏訪8―1上田東 ( 2019年7月9日    しんきん諏訪湖 )

<上田東・東海大諏訪>2回2死、上田東・小林(手前)から三振を奪う東海大諏訪・横田
Photo By スポニチ

 第1シードの東海大諏訪が危なげなく初戦を快勝した。先発の横田夏己(3年)は初回から2者連続三振を奪うなど5回を2安打無失点に抑えた。「ほどよく緊張して投げられた」と汗をぬぐった。

 2回までに4奪三振を奪ったが、3回以降打たせる投球で抑えた。またこの日は直球とスライダーの2球種しか投じなかった。「2回は球威で相手をひるませたかった。3回以降はコントロール重視で球数を少なく投げきろうと思っていた。偵察もあるので球の伸びだけで抑えた」としっかりと狙いを持って試合に臨んだ。

 昨夏の3回戦では熱中症と肺炎が重なり点滴をうけるなど万全ではなかった。反省も踏まえ省エネを心がけた。長野県屈指の好投手の夏は始まったばかりだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース