西武・山川28打席ぶり安打が本塁打 延長敗戦に「喜べない」

[ 2019年7月9日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―8ソフトバンク ( 2019年7月8日    東京D )

6回無死 ソロを放つ山川 (撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 西武・山川の久々の一発も空砲に終わった。0―5の6回、先頭の山川が左越え28号ソロ。28打席ぶりの安打で、6月20日の中日戦以来13試合58打席ぶりの本塁打となったが、「ボールの見え方も久々に良かった。でも結果、勝たないと喜べない」と延長敗戦を悔しがった。

 1点を追う9回に森の左越え8号2ランで一時は逆転も、投手陣が踏ん張れず連敗。辻監督は「(森の本塁打で)逃げ切れれば良かったけど…。勝ちたかったね」と嘆いた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース