中日・藤嶋 頭部死球で今季チーム初退場

[ 2019年7月9日 19:56 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2019年7月9日    ナゴヤD )

<中・広>5回表1死一、二塁、松山に死球を与え、危険球で退場となる藤嶋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の藤嶋健人投手(21)が今季、チーム初の退場処分となった。

 2番手で5回からマウンドに上がった藤嶋は1死一、二塁から松山への2球目がすっぽ抜け、ヘルメットを直撃。すぐさま帽子を取り頭を下げたが、審判団が協議の末、頭部死球による退場処分となった。

 松山はすぐに立ち上がり、ベンチへ戻った後、一塁走者としてグラウンドに戻って来た。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース