DeNA、飯塚27球KOで貯金ターン消滅 ラミ監督「次回は考えないといけない」

[ 2019年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―5ヤクルト ( 2019年7月8日    神宮 )

2回1死二塁、広岡に2ランを打たれた飯塚(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DeNAは逆転負けで借金は2に膨らみ、前半戦の貯金ターンが消滅した。約3週間ぶりに先発した5年目右腕・飯塚が2回4失点KOで今季初黒星。「高めに浮く球が多く修正することができなかった」と肩を落とした。

 わずか27球で交代を決断したラミレス監督は「あの4点(2回)で試合が決まってしまった。次回は考えないといけない」と厳しかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース