北別府さん 古巣10連敗も変わらぬ信頼「優勝を私たちに見せてくれた緒方監督です」「私では務まらない」

[ 2019年7月9日 22:20 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が9日、自身のブログを更新。同日の中日戦(ナゴヤD)も3―6と敗れ、2011年5~6月以来8年ぶりとなる10連敗(1分けを挟む)を喫した広島の緒方孝市監督(50)へ変わらぬ信頼をつづった。

 古巣が前日8日に5年ぶり9連敗を喫してから一夜明けた9日朝には「完全なる2日酔い」とブログに短くつづっていた元大エース。連敗が10となった試合後に再びブログを更新すると「選手、個々皆どんなにか辛かろうと思いますが、指揮官、監督はどんなにか悩んでいることか」と、かつてのチームメートでもある緒方監督の苦しい胸中を思いやった。

 そして、「私たちも、色んな事を外野から言いますが、私のような小さい肝っ玉ではとてもではないが務まらないと思います」と12人しかいないプロ野球の監督の責任の重さやプレッシャーの大きさに思いをはせた北別府さん。

 「優勝を私たちに見せてくれた緒方監督です。長いあいだには、こんな時もあります!」とストレスがたまっているであろう全国のカープファンに変わらぬ“共闘”を訴えていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース