ソフトB柳田、今宮が球宴辞退 グラシアルが初出場

[ 2019年7月9日 16:43 ]

<ソ・西>オールスター出場を決めガッツポーズするグラシアル(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2019」(第1戦=12日・東京ドーム、第2戦=13日・甲子園)に出場が決まっていたソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が左膝裏の肉離れ、今宮健太内野手(27)が左太もも痛で出場を辞退した。代替選手としてジュリスベル・グラシアル内野手(33)が初出場する。

 グラシアルは9日にヤフオクドーム内で会見し、「選んでもらえて感謝したいし、光栄。勝負にこだわるより、楽しむプレーをしたい」と意気込みを語った。来日2年目の助っ人は8日現在、60試合に出場し、打率・335、19本塁打、47打点とチームをけん引している。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース