広島・遠藤 同期・山口を2回からリリーフ、いきなり1失点 デビューから10試合連続無失点で止まる

[ 2019年7月9日 19:28 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2019年7月9日    ナゴヤD )

<中・広>2回裏1死二塁、大島に左前適時打を打たれ、失点した遠藤(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島の遠藤淳志投手(20)が中日戦(ナゴヤD)で初登板から11試合目にしてプロ初失点。デビューからの連続無失点は昨年のアドゥワに並ぶ球団タイの10試合で止まった。

 先発した2017年ドラフト2位・山口翔投手(20)が初回3失点でKOされ、2回から急きょ2番手としてマウンドへ向かった同年ドラフト5位の遠藤。

 2回、1死から1番・平田に1ストライクからの2球目カーブを右翼フェンス直撃の二塁打とされると、続く2番・大島には1ボール2ストライクからの6球目チェンジアップを左前に弾き返され、2走・平田に本塁生還を許した。 

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月9日のニュース