【9日のファーム情報】ヤクルト上田がサヨナラ弾!西武・多和田は3失点完投

[ 2019年7月9日 20:39 ]

 プロ野球のファームは9日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ヤクルトは巨人戦(戸田)に5―4でサヨナラ勝ち。9回に上田が右中間にサヨナラ4号ソロを放った。3回に井野が1号ソロ、6回にドラフト4位・浜田が4号2ラン。先発・ブキャナンは5回4安打1失点だった。巨人は初回に山下航が4号ソロ、7回に石川が1号ソロをマーク。先発・ヤングマンは5回3安打1失点。

 西武はDeNA戦(西武第2)に5―3。不振で2軍調整中の多和田が103球を投げて8安打3失点の完投勝利で1勝目(1敗)を挙げた。ドラフト3位・山野辺が3安打。DeNA先発・浜矢は勝ち星なしの4敗目(2セーブ)。宮本が6回に3号ソロ、山下が9回に4号ソロを放った。

 日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に4―2。先発のドラフト3位・生田目が6回5安打2失点で2勝目(2敗)。ドラフト2位・野村が2安打1打点だった。ロッテ先発・原は5回3安打2失点で1敗目(1勝)。ドラフト1位・藤原は4打数ノーヒット。

 中日は阪神戦(ナゴヤ)に5―4で逆転サヨナラ勝ち。9回に石垣がサヨナラの左翼線二塁打を放った。ドラフト1位・根尾は2打数1安打。5番手・又吉が1回2安打無失点で1勝目(2セーブ)。阪神先発・望月は7回1安打2失点(自責1)。森越が2回に2号3ラン、育成選手の藤谷が5回に2号ソロをマークした。

 ソフトバンクはオリックス戦(オセアンBS舞洲)に8―4。育成選手の田城が3安打2打点と活躍した。2番手・笠原が5回4安打2失点で3勝目(2敗)。オリックス先発・吉田一は4回6安打4失点(自責3)で2敗目(3勝)。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース