【東東京】都篠崎、二刀流・青池が9K&2ラン 父の誕生日祝う 

[ 2019年7月9日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会2回戦   都篠崎10―0渋谷教育渋谷 (5回コールド) ( 2019年7月8日    神宮第2 )

<都篠崎・渋谷教育渋谷>投打に活躍した都篠崎・青池(撮影・石曽根 和花)
Photo By スポニチ

 都篠崎(東東京)は「3番・投手」の青池が投打でフル回転した。バットでは4回の2ランを含む2安打3打点。投げては5回を2安打無失点、9奪三振をマークした。

 この日は父・比呂紀さんの48歳の誕生日で「感謝を込めて一本打ちたいと思っていた。(投球では)直球に勢いがあったので押していけた」と笑顔。投手では大谷(エンゼルス)、打者では山川(西武)を理想の選手に挙げ「二刀流で頑張りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース