阪神・糸井が6月の月間MVP受賞 前回は日本ハム時代の12年「7年前なん!?もうジジイやな!」

[ 2019年7月9日 13:00 ]

 セ、パ両リーグは9日、6月の「大樹生命月間MVP賞」の受賞者を発表した。阪神・糸井嘉男外野手(37)が日本ハム時代の12年9月以来、3度目の受賞となった。

 「考えてなかったので。ビックリしましたけど」。正直な心情を明かした糸井は6月、79打数28安打の打率・354と好成績を記録した。前回受賞したのは日本ハム時代の12年9月。あまりのブランクの長さに記憶があいまいだったようで「7年前なん!? ジジイやな!」とおどけたが、38歳シーズンでも第一戦で活躍する姿は「(想像)してた!余裕で!ハッハッハ!」と高笑いした。

 くしくも前回受賞時はパ・リーグ優勝を成し遂げた。当時について「一体感があったし、一戦一戦楽しかった」と振り返る。そして現在チームは首位巨人と7・5ゲーム差の2位。逆転は簡単ではないが「離されてますけど、誰も諦めてない。逆に追い上げたらおもろい」と猛追を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月9日のニュース