八戸学院大まさかの幕切れ 武岡2連発も逆転サヨナラ負け

[ 2019年6月11日 05:30 ]

第68回全日本大学選手権第1日   八戸学院大3―4佛教大 ( 2019年6月10日    東京D )

4回無死一塁、八戸学院大・武岡が右越え2ラン本塁打を放つ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 八戸学院大は走塁妨害で無念の逆転サヨナラ負けを喫した。4番・武岡が2打席連続本塁打を放ったが、まさかの幕切れ。正村公弘監督は「投手交代が遅れたのが敗因。選手に申し訳ない」と自らを責めた。

 スタンドには西武・秋山、巨人・高橋らプロOBも応援に駆けつけた。敗れはしたが秋山は「武岡君はあそこまで飛ばすなんて凄い。これからも頑張ってほしい」とエールを送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース