大商大・大西1失点完投 ドラフト候補右腕が力投「真っすぐで押せた」

[ 2019年6月11日 05:30 ]

第68回全日本大学選手権第1日   大商大2―1日本文理大 ( 2019年6月10日    東京D )

力投する大商大の先発・大西(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大商大はエース大西が4安打1失点で投げ抜いた。9回の勝ち越し点を呼び込み「ホッとしている。最初は力が入り過ぎたが、抜いたことで今まで通りできた」と胸をなで下ろした。

 初回に先制を許した後は球威十分の直球と落ちる球を軸に凡打の山を築いた。今秋のドラフト候補の右腕は「真っすぐで押せた。すぐに点を取り返してくれた後に無失点でいけてよかった」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月11日のニュース