福岡大1年生・村上 しびれる11回完封!「神宮を甲子園だと思って」タイブレークも我慢の投球

[ 2019年6月11日 21:53 ]

全日本大学野球選手権大会第2日 1回戦   福岡大1―0星槎道都大 ( 2019年6月11日    神宮 )

<星槎道都大・福岡大>力投する福岡大・村上(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 息詰まる投手戦を制したのは福岡大の1年生右腕・村上幸人(九産大九州)だった。1点が遠く味方打線も沈黙。回だけが過ぎていく。「点が入らないときこそ投手が頑張るとき」と、とてもルーキーとは思えないマウンドさばきで9回を5安打に封じた。

 延長10回からは無死一、二塁から始まるタイブレークに突入。「タイブレークの話は聞いていましたが、まさかそうなるとは」と村上も苦笑い。走者を置いての投球も我慢と粘りで投げ続け、11回に暴投から虎の子の1点をバックの好守もあって守り切った。

 「延長11回は、高校のときに12回を投げて以来です。全国の舞台で投げられたし自信になりました。甲子園に出られなかったから、この神宮を甲子園だと思って投げました」

 2000年生まれの18歳。堀壮太監督は「1年生ながら、低めに投げて粘ってくれた」と初戦突破に最高の笑顔でルーキーを称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース