西武・今井 発熱で登板回避…小野投手コーチ怒り「何を考えているのか」

[ 2019年6月11日 05:30 ]

西武・今井達也投手
Photo By スポニチ

 今季4勝を挙げている西武の今井が、先発予定だった11日の巨人戦を回避する。発熱により、投手練習を欠席。小野投手コーチは「本来あってはいけないこと。6連戦の頭から何を考えているのか。自己管理がなっていない」と怒りをあらわにした。

 代役は中継ぎ左腕の佐野が務め7回まで3投手で継投していく方針。昨季最多勝の多和田と、榎田が再調整で2軍落ちしている苦しい台所事情で、同コーチは「今1軍にいる中継ぎ陣を細切れに使っていくしかない。下(2軍)から上げる人もいない」と説明。今井は出場選手登録から抹消されず、今後の様子を見ながら判断していく。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月11日のニュース