マエケン、大谷との対戦「楽しみ」 ジョークも「メディアの人たくさん…打たれたら大変なことに」

[ 2019年6月11日 12:47 ]

ドジャースの前田健太(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が10日(日本時間11日)、翌11日(同12日)の敵地エンゼルス戦に向け、平地での投球練習などで調整した。

 エ軍のオースマス監督は同戦での大谷のスタメン出場を明言。昨年7月6日以来、米国で2度目の対戦が実現することになった前田は「もちろん楽しみ。日本人選手と対戦するというのはないので」と歓迎した。

 昨年は空振り三振、遊飛で2打数無安打。軍配は前田に上がったものの「良い打者なので抑えないといけない。頭も使わないといけない」と警戒感を強めた。

 ロサンゼルス近郊を本拠地とする両軍の交流戦はフリーウエーシリーズと呼ばれ人気も高く、チケットも既に完売に近い。「周りの方に注目してもらえるのはありがたい。ただ、僕も翔平もやることは変わらない。僕は抑えるために、向こうは打つために努力するだけのこと」。前田は平常心を強調した一方で「いろんなメディアの人がたくさん書くと思う。打たれたら大変なことになる」と、ジョークを交え報道陣を笑わせる余裕も見せた。

 8日(同9日)の菊池(マリナーズ)対大谷に続く今季2度目の日本人対決。プレーボールは米国西時間午後7時7分(同午前11時7分)の予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース