DeNA・神里 サイクル目前でタッチアウト…天仰ぎがっくり

[ 2019年6月11日 21:15 ]

交流戦   ロッテ―DeNA ( 2019年6月11日    ZOZOマリン )

<ロ・D>3回1死、左越えソロを放った神里はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・神里和毅外野手がサイクル安打を狙ったが、わずかに届かなかった。

 初回の第1打席に左中間二塁打。3回の第2打席に涌井の直球を逆方向へ運ぶ5号ソロを放ち「低めのボールは捨て、高めのボールを狙っていました。上手く押し込むことができました」と笑顔を見せると、5回の第3打席は右前打。そして迎えた6回の第4打席だった。ロッテ2番手・東條の変化球にバットを合わせると、打球は左中間を破った。俊足を飛ばして二塁を蹴ったが、三塁タッチアウト。三塁打ならサイクル安打だったがかなわず、思わず天を仰いだ。9回の第5打席は左飛に倒れた。

 大記録達成は持ち越しとなったが、今季2度目の1試合4安打とリードオフマンとして打線をけん引した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース