巨人 今村新社長はアイデアマン! 成功への5つの鍵は「SEIKO」

[ 2019年6月11日 14:49 ]

<巨人・今村司新社長就任会見>モットーと座右の銘を書いたボードを手にする今村新社長(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人は11日、元NPBエンタープライズ社長で日本テレビ放送網執行役員事業局長を務めた今村司氏(59)が、11日付で代表取締役社長兼編成本部長に就任すると発表した。東京大手町の球団事務所で会見を行い「光栄であると共に、重責、重圧を感じています。話題をつくるのはコンテンツサイド。より話題になる仕かけをしていきたい。野球、巨人軍をもっともっと身近な物にしたい」と意気込みを口にした。

 自身のモットーである、成功への5つの鍵を「SEIKO」と書いたパネルで紹介。
・S「サプライズ」
・E「エンターテインメント」
・I「インテリジェンス」
・K「カインドネス」
・O「オリジナリティ」
と掲げた。

 今村新社長は東大卒で1985年4月に日本テレビ入社。スポーツ局で野球中継、箱根駅伝中継などに携わり、編成局プロデューサーとして「ザ!鉄腕!DASH!!」など人気番組を担当した。制作局ドラマセンター長としては「家政婦のミタ」などを制作した頭脳が巨人のトップに加わる。

 「飛んでから考えろ!潜ってから息を吸え!」と、自身の座右の銘も掲げた。将来的な展望として、関東全域の小学生らに巨人のマークの入ったボールを配るなど、野球の裾野を拡大する案も披露した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース