輝星デビューに金農の恩師エール「挑戦者魂を忘れずに」

[ 2019年6月11日 05:30 ]

金足農時代の吉田輝(右)と中泉監督
Photo By スポニチ

 12日、札幌ドームで行われる広島戦でデビューする日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)に、金足農・中泉一豊監督(46)がエールを送った。

 いきなり結果を出そうと急いではいないと思うが、1軍で投げることをプロ入りしたときから目指してきた。電話で1軍登板すると報告を受けたときは、素直にうれしかった。

 初登板で華やかに投げられればいいけど、この先もプロの生活が続く。そう考えると、初めての登板では挑戦する気持ちを大事にしてほしい。

 金足農でも入学から卒業まで、吉田は「挑戦者」という気持ちを忘れなかった。チームメートも同じようにその気持ちを持っていて、だからこそ昨夏も甲子園で準優勝までいけた。

 金足農のグラウンドのホワイトボードにも「挑戦者」と書いていた。だから、言わなくても常に念頭にあるはず。一人で試合を背負わず、バックを信頼できれば、挑戦することを一番に考えられる。金足農の挑戦者魂を忘れずに、恐れずに向かっていってほしい。チームの一人としてベストを尽くしてこい。

 自分の投球ができれば一番良いけど、調子の問題でうまくいかないこともある。自分の考えがその試合、その試合で変わることもある。それでも一喜一憂してはいけない。打たれてもいいから、信念を曲げずに立ち向かっていけ!(金足農野球部監督)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月11日のニュース