楽天ドラ1・辰己プロ初3安打&ヘッスラVホーム!平石監督「あれは大きかった」

[ 2019年5月25日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-2オリックス ( 2019年5月24日    楽天生命パーク )

5回無死一塁 適時三塁打を放つ辰己(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト1位・辰己がプロ初の3安打と大暴れ。1―2の5回無死一塁から山岡の145キロ直球をはじき返す右中間への同点三塁打。2ボールと打者優位のカウントで「打てへんかったらどうしようと思った」と笑わせたが大仕事となった。

 続く同期の小郷の打席では山岡の暴投に反応し、本塁へのヘッドスライディングで勝ち越し点をもぎ取った。フルカウントからのワンバウンド投球にも「体が勝手に反応した」と見逃さなかった。

 平石監督も「あれは大きかった」と称える活躍。7回には同学年のオリックス・頓宮が守る三塁へのセーフティーバントで出塁。試合前に頓宮から「やるなよ」と言われた小技も成功させ「明日怒られる」と、してやったりの表情だ。

 ルーキーの活躍でチームは2位をキープ。辰己は「敵でも味方でも同期には負けたくない」と語った。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース