広島、首位攻防第2Rも一発攻勢か 菊池涼4号ソロで“号砲”

[ 2019年5月25日 15:00 ]

セ・リーグ   巨人ー広島 ( 2019年5月25日    東京ドーム )

<巨・広10>3回1死、左越えソロを放つ菊池(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼介内野手(29)は、1点先制の3回1死無走者で、カウント1―1からの直球を左中間席への4号ソロとした。

 「1打席目にやられていたので割り切って積極的にいきました。しっかり捉えることができてよかったです」

 前日の首位攻防第1戦は、合計7本塁打。この日は、2番が一発攻勢の号砲を鳴らした。勝てば、3年ぶりの11連勝。今回の首位攻防の勝ち越しも決まる。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月25日のニュース