28日実戦復帰の中日・松坂 1イニング予定も阿波野コーチ「球数も設定した方が…」

[ 2019年5月25日 17:39 ]

中日・松坂
Photo By スポニチ

 右肩を負傷し、戦列を離れている中日・松坂の実戦復帰について、阿波野投手コーチが25日、言及した。

 松坂は28日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(筑後)で負傷後、初めて登板する予定で、同コーチも「筑後で投げるという報告は受けている」と明かした。登板は1イニングを予定しているが「イニング、球数どちらも設定した方がいいのでは?とは言っている。1回を5、6球で終えることもあるので。せっかく遠征に行くわけだし」と球数次第では2回になる可能性も示唆した。

 松坂は2月の沖縄キャンプで右肩を負傷。今月14日に本格的な投球練習を再開し、19、23日の2度、フリー打撃で打者相手に登板している。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月25日のニュース