大谷 好機で一直、相手投手はホッ「大谷は凄く良い打者なのでラッキーだった」

[ 2019年5月25日 16:16 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―4レンジャーズ ( 2019年5月24日    アナハイム )

レンジャーズ戦の5回、一直に倒れるエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷が連続試合出塁をメジャー自己最長の10に伸ばしたが、3打数無安打でチームは逆転負けで5連敗となった。

 初回2死、先発左腕スマイリーの内角球を見極め四球で出塁。しかし、2点リードの5回無死一、二塁のチャンスで一直。スマイリーは「もっと低めに投げないといけなかった。大谷は凄く良い打者なのでラッキーだった」と胸をなで下ろしていた。

 この日は「スター・ウォーズ・ナイト」が開催され、試合前に人気キャラクターの「Cー3PO」や「R2ーD2」が登場。来場者には逆転劇の象徴でもある「ラリー・モンキー人形」のチューバッカ(ウーキー)版がプレゼントされた。場内ビジョンの選手紹介は合成画像になり、大谷は昨年に引き続き反乱軍の凄腕飛行士「ポー・ダメロン」をイメージ?して登場した。大谷は自身の登場曲を米人気テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のテーマソングに変更するなど心機一転して臨んだ一戦だったが、快音を響かすことはできなかった。

 試合前にはキャッチボールで80球を投げた。20日のツインズ戦で右手薬指に投球が直撃した影響を感じさせず、距離は右肘のリハビリ開始後最長となる130フィート(約40メートル)まで伸ばした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月25日のニュース