広島・ジョンソン バットで自らを援護 自身420日ぶりタイムリーで3点リードに

[ 2019年5月25日 15:06 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年5月25日    東京D )

<巨・広10>力投する先発のジョンソン(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島の先発マウンドに上がった左腕・ジョンソンが4回に自らタイムリーとなる今季初安打を放った。

 2―0で迎えた4回、1死一、三塁で入った第2打席で、初球からバントの構えを見せながら4球目をバスターで中前へタイムリー。三走・安部を本塁へ迎え入れた。

 ジョンソンは今季初安打初打点。タイムリーを打つのは昨年3月31日の中日戦(マツダ)以来420日ぶりとなった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月25日のニュース